アップル歯科

インプラント治療の流れ多くの工程を踏みますが、
大きな効果が得られます

カウンセリング
ホームホームインプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、ブリッジ・入れ歯などの治療とは異なり、手術が必要となるため、十分な検査が必要になりますし、ご自身が受ける治療についてご理解いただくため、十分なカウンセリングも行っていきます。
治療の流れや治療にかかる期間、受診回数について把握したうえで治療に臨んでいただきたいと思います。

受診回数と
治療にかかる期間

インプラント治療は、従来の治療法よりも治療期間が長くなります。精密な検査やカウンセリングが必要であるため、「インプラントにしたい」とご来院されても、すぐに治療を開始することはできません。また、虫歯や歯周病がある場合には、それらの病気を治してからでなければ、治療を開始できません。
患者様のお口の中や骨の状態によって治療期間や受診回数が違ってきますが、当院ではカウンセリング時に患者様の場合はどうなのか、ご説明しますのでご安心ください。

通常は(初期治療を終えて)インプラント治療に入れば、人工歯が入るまでの通院回数は5回です。しかし、インプラント治療の前に口腔内のクリーニングや歯周病治療により、通院回数が5回よりも増えるケースが多いです。また、骨量が不足している場合には、骨を増やす治療が必要になるため、治療期間・通院回数は多くなります。

インプラント治療の流れ

  • インプラントフロー1カウンセリング
    01

    カウンセリング

    インプラント治療に限ったことではありませんが、ご自身が受ける治療について正しく理解し、納得して治療を受けることが大切です。そのため、どのような治療を行うのか、どのくらいの治療期間になるのか、費用はどのくらいかかるのか、といったことを把握していただいてから治療を開始いたします。

    インプラント治療は、治療が完了してからもメンテナンスが必要となり、患者様と長いお付き合いになります。コミュニケーションを大切に、お悩みや心配なことなど気軽に話していただける歯科医院でありたいと願っています。

  • インプラントフロー2術前検査
    02

    術前検査

    インプラント治療の前に、次のような検査を行って資料を採取し、綿密な治療計画を立てていきます。医師の経験や勘に頼った治療ではなく、データに基づく確実性・安全性の高い治療に努めています。

      • 口腔内写真
        口腔内写真

        現在の口内の状態を客観的に記録するため、カメラで撮影します。

      • パノラマレントゲン
        パノラマレントゲン

        口部分のレントゲン撮影をします。

      • セファログラム
        セファログラム

        頭部X線規格写真とも呼ばれ、文字通り顔面・頭部のレントゲン写真のことを指します。治療前、治療後と撮影することで、骨や歯の変化を確認できます。

      • 10枚法レントゲン
        10枚法レントゲン

        上下左右の大臼歯、犬歯・小臼歯、前歯を、それぞれレントゲンで撮影する方法のことです。計10枚になることから10枚法レントゲンと呼ばれますが、撮る枚数によっては14枚法もあります。

      • 顔や口元の写真
        顔・口元の写真

        カメラで撮影します。

      • 模型の作成
        模型

        患者様の歯並びの模型を作成します。

      • 歯科用CT
        歯科用CT

        患者様の口腔内や顎の骨の状態が、立体的に見られます。顎の骨を通る、重要な神経や血管、膜の位置などを確認します。

      • フェイスボウマウント
        フェイスボーマウント

        上顎の歯列と下顎骨と解剖学的基準点の位置関係を、三次元的に転写再現できる検査です。咬み合わせの位置と顎の位置が確認できます。

      • 顎関節パノラマレントゲン
        顎関節パノラマ

        顎の関節の骨の状態や埋伏歯の状態を知ることができます。

    • 姿勢の写真
      姿勢の写真

      姿勢は咬み合わせに大きな影響を与えます。正しい姿勢を維持することで、インプラントの寿命が長くなるでしょう。

      • 口腔内写真
        口腔内写真

        現在の口内の状態を客観的に記録するため、カメラで撮影します。

      • パノラマレントゲン
        パノラマレントゲン

        口部分のレントゲン撮影をします。

      • セファログラム
        セファログラム

        頭部X線規格写真とも呼ばれ、文字通り顔面・頭部のレントゲン写真のことを指します。治療前、治療後と撮影することで、骨や歯の変化を確認できます。

      • 10枚法レントゲン
        10枚法レントゲン

        上下左右の大臼歯、犬歯・小臼歯、前歯を、それぞれレントゲンで撮影する方法のことです。計10枚になることから10枚法レントゲンと呼ばれますが、撮る枚数によっては14枚法もあります。

      • 顔や口元の写真
        顔・口元の写真

        カメラで撮影します。

      • 模型の作成
        模型

        患者様の歯並びの模型を作成します。

      • 歯科用CT
        歯科用CT

        患者様の口腔内や顎の骨の状態が、立体的に見られます。顎の骨を通る、重要な神経や血管、膜の位置などを確認します。

      • フェイスボウマウント
        フェイスボーマウント

        上顎の歯列と下顎骨と解剖学的基準点の位置関係を、三次元的に転写再現できる検査です。咬み合わせの位置と顎の位置が確認できます。

      • 顎関節パノラマレントゲン
        顎関節パノラマ

        顎の関節の骨の状態や埋伏歯の状態を知ることができます。

      • 姿勢のチェック
        姿勢の写真

        姿勢は咬み合わせに大きな影響を与えます。正しい姿勢を維持することで、インプラントの寿命が長くなるでしょう。

  • インプラントフロー3オペ
    03

    インプラント手術

    インプラント手術は、麻酔をしてから行いますので、痛みはありません。静脈内鎮静法を併用することで半分眠っているような状態で治療が受けられ、不安などのストレスもなく治療が終わります。

    手術時間は埋入本数や骨造成の有無によって異なりますが、早い方なら30分(実際の施術時間は5~10分)で終わります。埋入本数が多いケースや、骨を増やす治療が必要なケースでは、半日以上かかる場合もあります。

  • インプラントフロー4抜歯
    04

    抜糸・経過観察

    術後10日程度で抜歯を行います。抜糸自体には痛みはあまりありませんが、歯茎や骨の状態によっては、二次手術が必要な場合があります。インプラント埋入手術の前に、術後の過ごし方についてご説明しますが、インプラントがしっかり骨と結合するまでは注意事項を守って、気を付けてお過ごしいただきます。

  • インプラントフロー5最終補綴物作成
    05

    被せる歯の型取り

    インプラントの上に被せる人工歯の型を取ります。人工歯の接触の仕方だけでなく、全体の咬合を考えて歯を作っていきます。

  • インプラントフロー6最終補綴物の装着
    06

    最終補綴

    出来上がった人工歯をインプラントに装着し、咬み合わせの調節をしていきます。また、インプラントは歯周病に弱い為、セルフケアの質を高めるためにブラッシング指導を行います。

    人工歯を装着したら、インプラント治療自体は完了となりますが、インプラントを長期的に機能させるため、細菌感染などによるトラブルを防ぐため、定期的にメンテナンス(定期健診)にお越しいただきます。
    アップル歯科では、一般的に4ヶ月に1度、患者様のお口の状態に合ったペースでクリーニングやチェックを行い、インプラントが長期的に機能するようサポートしています。

インプラント治療を
ご希望の方へ

インプラント手術の後は、出血があったり、2~3日痛み・腫れが続いたりする場合があります。医師の指示に従い、注意点を守ってお過ごしください。処方します痛み止めは、指示の通りに服用してください。
また、インプラント治療は、保険が適用とならない自由診療であり、インプラント1本あたりの標準的な治療費用は、約240,000円~450,000円(税別)です。当院は、治療前に費用の詳細を説明し、お支払い方法のご相談にも応じています。カウンセリングにて、どのようなこともご相談ください。
(お口の中の状態や使用する人工歯根・人工歯によって、料金が違う場合があります。)