アップル歯科

フラップレス手術「切らない」負担の少ない
インプラント治療

インプラントテクニック骨造成

フラップレス手術とは

通常のインプラント手術では、メスで歯肉を切開して骨を露出させた後、ドリルで穴を開けて人工歯根を埋入します。しかし、フラップレス手術(フラップレスサージェリー)は、メスを使わずほんの小さな穴を開けて手術を行うため、歯肉を切開して、剥離し、縫合するという工程が必要ありません。

患者様の負担を大幅に軽減できる治療法ではありますが、十分な骨量が必要になるといった条件もあります。また、CTにより得たデータを分析し、最適なインプラント埋入を行えるよう、シミュレーションを行う必要があるなど、治療を行う医師や治療設備にも条件があります。

フラップレス手術の
メリット・デメリット

フラップレス手術の大きなメリットは、歯肉を切開しないため、患者様の負担を軽減できるという点です。当院の術者側の感覚的には、歯肉へのダメージは通常の1/10程度と考えています。もちろん、切開をしないので歯肉を縫い合わせる作業もありません。切ったり縫ったりしないため、手術時間も短く、術後の腫れや痛みも非常に少なくて済みます。これにより、糖尿病や血圧に問題を抱えている患者様にも治療できるというメリットがあります。

しかし、フラップレス手術は歯肉の上から、骨を見ずに行われるものなので、手術を行う医師には熟練の技術が必要です。経験の浅い術者が安易に行うことは事故の元となります。また、患者様の骨量が不十分だとフラップレス手術が出来ないというデメリットもあります。

アップル歯科の
フラップレス手術

アップル歯科のフラップレス手術