アップル歯科

専門スタッフによる
チーム医療

ホームホーム専門スタッフによるチーム医療

インプラント治療に関わるすべてのスタッフが
プロフェッショナルでなければならない

明石インプラントセンターでは、医師をはじめ、全身管理を担当する麻酔医、被せ物を製作する技工士、衛生士、トリートメントコーディネーター… 各分野のプロフェッショナルが連携し、共通認識を持って質の高い治療提供に努めています。
オペを担当する医師だけでなく、治療に関わるすべてのスタッフが専門性を発揮し、より良い治療を提供できるよう万全な体制を整えています。

全スタッフが
日々努力を続けています

手術中のスタッフ

当院では、カウンセリングを行い、患者様のお悩みや治療への希望を伺うことから治療が始まります。カウンセリングや精密検査、初期治療など、さまざまなステップを踏んで確実に進めなければ、安全性・確実性の高いインプラント治療は実現しません。
インプラント治療は、各工程で高い専門的知識・技術が求められるため、スタッフ一人ひとりが専門性を高めるべく研鑽に励んでいます。

最新で安全な
治療技術を学び、
治療に取り入れています

手術中の院長

当院院長の吉見は、日本でも、技術を認められたごくわずかな歯科医師しか所有していない、ICOI国際口腔インプラント学会「指導医」の資格を所有し、インプラント治療を研究する傍ら、後進の歯科医に指導等も行っています。

また、当院で活躍する医師は院長の指導の下、安全性の高いインプラント治療が行える確かな技術を習得しています。 院内で学ぶだけでなく、セミナーや学会に積極的に参加し、常に最新で安全な手技を学び、治療に取り入れています。
当院のほとんどのドクターがICOI国際口腔インプラント学会に所属し、認定医・専門医の取得を目指し日々努力を続けています。

安全性・確実性を
高める万全の体制

スタッフ

当院は、手技や術式はもちろんですが、何より治療計画を大切にしています。 どのタイミングで、どの術式を用いるのか、助手の数や麻酔医はどうするかなど、ドクター一人の見解ではなく、一つひとつの治療について複数のドクターでじっくり検討します。
一人では見落としがちなミスも、複数のドクターで意見を出し合う事によって予防が可能です。治療の難易度に関わらず、すべての症例で万全の体制を整え、治療の安全性・確実性を高めています。

質の高いメンテナンスで
治療後もサポート

治療中の歯科衛生士

インプラントを埋入し、被せ物を装着したらインプラント治療は完了です。しかし、その後は定期的なメンテナンスにより、インプラントやお口の健康を守っていくことが必要です。
当院では、治療完了後も患者様に質の高いメンテナンスをご提供することにより、患者様のお口の健康を守り、インプラントを治療後の良好な状態に維持できるよう、サポートします。スタッフ一同、患者様との信頼関係を大切に長いお付き合いをさせていただきたいと願っています。