アップル歯科

インプラントに関するこのような悩み
ありませんか?

ホームホームお悩み別治療

手術が怖い、
痛いのではないか…

インプラントの優れた機能性は、インプラントと顎の骨が強く結合することによって得られます。しかし、骨量が不足していると、インプラントと骨がしっかり結合しなかったり、インプラントが露出して見た目が悪くなってしまったり、失敗を招いてしまうこともあります。インプラント治療で起きている失敗の中には、骨量の不足が原因になっているケースも少なくありません。
そのため、安全性の高い治療を行い、インプラントを長期的に機能させるためには、十分な検査を行って骨量を把握し、不足している場合には骨を増やす必要があります。

静脈内鎮静法の併用

静脈内鎮静法による
リラックス治療

静脈内鎮静法とは、麻酔液を点滴することにより、ほろ酔いのような状態を作る麻酔法です。全身麻酔のように、全く意識がなくなるわけではありませんし、自発呼吸も可能です。健忘作用があることから、治療中の嫌な記憶が残らず、治療時間があっという間のように感じられます。「(治療が)あっという間に終わった」という声も多く聞きます。

麻酔注射が苦手な方へ

過去に受けた治療が原因で、麻酔注射に対して「痛い」「怖い」という印象を持っている方がとても多いです。痛みを取るための麻酔が痛いのでは、元も子もないのですが、近年は麻酔注射の痛みを、表面麻酔や電動麻酔注射器などの使用により、大幅に抑えることが可能になっています。当院では、麻酔注射の痛みの原因を取り除くことはもちろん、医師の技術により麻酔自体で痛みを感じることがないよう、痛みに配慮した治療をご提供しています。

本当に
インプラントが
必要なのか
わからない

歯を失った時の治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。インプラントには多くのメリットがありますが、デメリットもあり、すべての患者様にとって最適な治療法であるとは限りません。
当院では、インプラント治療を含め、患者様に可能な治療法をご提案し、それぞれの治療について理解・納得したうえで、患者様に治療法を選択していただいています。

カウンセリングを重視しています

一人ひとりの患者様に、最適な治療法をご提案するためには、患者様の希望やお口に関するお悩みをお聞きする必要があります。カウンセリング専門のスタッフ(トリートメントコーディネーター)を採用し、きめの細かいカウンセリングを目指しています。「こんなことを聞いても良いのだろうか」「医師には言いにくい…」という相談も、トリートメントコーディネーターに気兼ねなくお話ください。

精密な検査を行い、
最適な治療法をご提案します

明石インプラントセンターでは、定期的に無料のインプラント個別相談会を開催しています。お口の中のお悩みや治療に関する疑問にお応えするのはもちろんのこと、CT撮影を行ったうえで診断を行い、患者様に最適な治療法をご提案させていただいています(CT撮影料も無料です)。

骨量が足りないと
他院で診断された

インプラントの優れた機能性は、インプラントと顎の骨が強く結合することによって得られます。しかし、骨量が不足していると、インプラントと骨がしっかり結合しなかったり、インプラントが露出して見た目が悪くなってしまったり、失敗を招いてしまうこともあります。インプラント治療で起きている失敗の中には、骨量の不足が原因になっているケースも少なくありません。
そのため、安全性の高い治療を行い、インプラントを長期的に機能させるためには、十分な検査を行って骨量を把握し、不足している場合には骨を増やす必要があります。

骨が足りない人も骨造成で
インプラント治療が可能に

近年は、多くの歯科医院でインプラント治療を行っていますが、骨造成は難しい治療であるため、すべての歯科医院で骨造成法を行っているわけではありません。そのため、骨量が足りないことが理由で、インプラント治療を断られてしまうこともあるでしょう。
当院では、骨造成により骨量を増やし、骨が足りない患者様にも安全性の高いインプラント治療をご提供しています。

入れ歯をお使いの患者様へ

「入れ歯が合わなくなった」という経験は、入れ歯をお使いの方なら多くの方が経験していることかもしれません。「入れ歯がダメになった」と思っている方も多いのですが、顎の骨が吸収される(やせる)ことに原因があります。インプラントは、人工の歯根を植立するため、咀嚼による刺激が骨に伝わり、顎の骨の吸収を抑制するメリットもあります。

信頼できる歯科が
みつからない

近年は、歯科診療において専門性が求められています。歯周病を専門とする医師もいれば、矯正治療を専門としている医師もいるでしょう。その中でもインプラント治療は、解剖学的な知識や外科的技術はもちろん、かみ合わせ、歯周病治療といった幅広い治療における専門性が求められます。
インプラント治療は、歯科医師ならば誰でも行うことができますが、治療の精度や安全性を考慮すると、豊富な経験と高い技術を持ち合わせた歯科医のもとで治療を受けたいと思うのではないでしょうか。

治療を行う医師は
どのような人なのか

「近所にかかりつけの歯医者がある」という人も多いかもしれません。しかし、インプラント治療は、手術が必要になることから、治療を受ける歯科を通いやすさだけで選ぶことはおすすめできません。
治療を行う医師のインプラント治療における実績、どのような症例を経験しているのか、という点も事前に確認することが大切でしょう。

詳しい治療説明を
行ってくれるか

インプラント治療において、高い治療技術や専門性も大切ですが、やはり患者様が治療を理解し、納得して治療を受けることが大切です。
当院は、インプラント治療に限らず、治療について詳しく説明を行い、患者様とのコミュニケーションを大切にしています。「インプラント個別相談会(無料)」では、患者様のご相談にお応えするだけでなく、CT撮影を行い、そのデータをもとに診断し、最適な治療法をご提案しています。お気軽にご参加ください。

失敗が心配で
治療に
踏み出せない

インプラントに限ったことではありませんが、医療には何らかのリスクがあります。そのリスクを最小限に抑えるため、治療技術の向上、治療環境・設備、衛生管理などさまざまな取り組みが医院に求められます。
インプラント治療の失敗は、歯科選びの失敗とも言えます。医院の治療実績を確認することも大切ですが、治療の安全性・確実性を高めるための医院の取り組みを確認することが必要でしょう。

医師が治療を熟知しているか

インプラント治療は手術が必要になるため、包括的な知識や技術が必要となります。また、歯科医療は日々進歩しています。最適な治療をご提供するためには、医師や治療に関わるスタッフが、日々学び、知識や技術の習得に努めなければなりません。
そのため、インプラント治療のための歯科選びにおいて、勉強熱心な医師の元で治療を受けることが望ましいでしょう。

治療に必要な設備が整っているか

インプラント治療を行うのは医師ですが、その安全性・確実性を高めるためには、さまざまな設備・機器が必要となります。特に、歯科用CTによって3次元画像を取得し、専用ソフトを用いてシミュレーションを行うことは、科学的根拠によって安全性が裏付けられた治療を行うのに不可欠です。質の高い治療を行うのに必要な設備・機器をすべて完備しているのか、という点は歯科選びにおいて欠かせないポイントでしょう。

治療後はメンテナンスが必要です

本当の意味でのインプラント治療の成功とは、正しい治療が行われ、インプラントが長期的に機能することだと言えます。そのため、明石インプラントセンターでは、治療が終わった後は最適なメンテナンスをご提供し、インプラントを長くお使いいただけるようサポートしています。

入れ歯が
痛くて噛めない

入れ歯が痛くて
噛めない

「噛むと痛い」「うまく噛めない」「外れる」「見た目が気になる」「食べたいものが食べられない」など…入れ歯に悩まされている方はとても多いです。
しかし、その悩みを「入れ歯だから仕方ない」「もう歳だから」と諦めてはいけません。インプラントによって、入れ歯のお悩みを解消できる可能性があります。

ミニインプラントで
総入れ歯を固定

下顎の総入れ歯がズレたり、痛みが生じたりして「うまく噛めない」という人には、ミニインプラントで入れ歯を固定する方法があります。ミニインプラントを下顎に4本埋入して入れ歯を固定するのですが、通常のインプラントの半分の太さの「ミニインプラント」を使うため、通常のインプラント治療よりも体にかかる負担が少なく、今までお使いの入れ歯をそのまま使用することも可能です。

身体・費用の負担を抑えた
「オールオン4」

かつて、総入れ歯をお使いの方のインプラント治療は、(片顎につき)10本以上のインプラントを埋入する必要があり、費用的・身体的な負担はとても大きなものでした。
しかし、近年はオールオン4という術式が開発され、総入れ歯をお使いの方のインプラント治療の負担が大きく軽減されています。

  • 手術が怖い、痛いのではないか…
  • 本当にインプラントが必要なのかわからない
  • 骨量が足りないと他院で診断された
  • 信頼できる歯科が見つからない
  • 失敗が心配で治療に踏み出せない
  • 入れ歯が合わない痛くて噛めない