アップル歯科

メリット・デメリット将来の健康を見据えた治療選択が大切です

カウンセリング
ホームホームメリット・デメリット

インプラントと他の治療の
メリットとデメリット

歯を失った際の治療法には、インプラントの他、入れ歯・ブリッジがあります。たしかにインプラントは優れた治療法ですが、すべての患者様に最適な治療法とは限りません。

当院は、入れ歯、ブリッジ、インプラントそれぞれのメリットとデメリットを説明し、患者様の希望に沿った治療法をご提案します。患者様の希望を踏まえたうえで、QOL(クオリティオブライフ)を第一に考えた治療をご提案して参ります。

インプラントの
メリットとデメリット

歯を喪失した部分の顎の骨に穴をあけ、インプラント(人工歯根)を埋め込み、人工歯を装着する治療法です。顎の骨にインプラントをしっかりと埋め込むことで、人工歯がぐらつかず安定するため、自分の歯のように食事や会話を楽しめます。

インプラントの寿命は、一般的に10年以上とされ、埋入してから10年経過後の、残存率は90%を越えています。外科手術が必要であり、インプラントの寿命には医師の技術や治療の精度も大きく影響するため、歯科選びを慎重に行うことも大切でしょう。
また、インプラントの寿命は、治療後のメンテナンス次第とも言え、メンテナンスを継続して行うことが長く使っていくためには必要となります。

ブリッジ・入れ歯と比較すると、審美性・噛み心地・咀嚼能力など、多くの面で天然歯に近く、メリットが多い治療法ですが、インプラントにはデメリットもあります。デメリットも把握したうえで治療を受けることが大切です。

  • メリット

    • 自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来る
    • 周りの歯に負担をかけない(独立した歯が入る)
    • 審美性が高い
    • 骨が痩せるのを防ぐ
  • デメリット

    • 保険が適応されない
    • 歯を抜くのと同程度の処置が必要(外科手術が必要)
    • 治療に時間がかかる

入れ歯のメリットと
デメリット

入れ歯は、多くの症例で適応となる治療法です。失った歯の本数により、「部分入れ歯」「総入れ歯」と種類が異なります。部分入れ歯は、残っている歯にバネをかけて支えるため、バネが見えて目立ってしまったり、バネをかける歯に負担をかけたりするなど、デメリットもあります。

保険が適用となり、外科手術なく、比較的短期間で治療を完了できるというメリットはありますが、咀嚼能力が総入れ歯で天然歯の10~20%程度になってしまうなど、うまく噛めないという大きなデメリットがあります。

入れ歯の寿命は、一般的に4~5年とされていますが、骨吸収を抑制できないため、顎の骨が痩せると入れ歯が合わなくなり、作り直しが必要となります。

  • メリット

    • 治療が簡単
    • 保険が適用されるのでリーズナブル
    • 比較的治療期間が短い
  • デメリット

    • 食事の度に掃除が必要
    • 固い食べ物は苦手
    • 独特の違和感がある
    • 骨吸収が起こる
    • 発音に問題が生じやすい
    • 部分入れ歯の場合、審美性に劣る

ブリッジのメリットと
デメリット

ブリッジは、損失した歯の両隣の健康な歯を削って支柱とし、橋を架けるように人工歯を入れる治療法です。使う素材によっては保険が適用となります。
固定式なので、違和感が少なく、支えとなる歯にグラつき等なければ噛み心地も自分の歯に近いです。また、審美性は素材に左右されますが、セラミックを用いることで天然歯に近い審美性を回復することも可能です。

ブリッジの寿命は、支えとなる歯の状態によって大きく前後しますが、一般的に7~8年とされています。しかし、支えの歯が虫歯になると、治療をやり直す必要がありますし、支えの歯に負担がかかるためその歯がダメになってしまう場合も多いです。

  • メリット

    • 両サイドの歯がしっかりしていれば確実な治療ができる
    • 違和感が少ない
    • 期間(1~2ヶ月)で歯が入る
  • デメリット

    • 周りの歯を削らないとできない
    • 周囲の歯の負担が大きく、長期的に見ると周囲の歯を弱らせる原因になる
    • 発音に問題が生じる場合がある
    • 保険診療の場合、部位によっては銀歯になるため、審美性に劣る

インプラントが
QOLを向上させる

近年、お口の健康と全身の健康が深く関係していることが明らかになっています。歯を失い噛めなくなると、認知症や糖尿病、脳血管疾患など、さまざまな病気の発症リスクが高まることがわかっています。
これらの病気は、QOL(生活の質)や健康寿命に大きく影響するため、生涯に渡っていきいきと健康に暮らすためには、お口の健康を守り、噛める歯を残すことが大切です。

歯の健康を口腔内だけの問題と捉えている人も多いのですが、将来の健康のために、歯を大切にしていただきたいと願っています。

インプラントで
「歯を守る」ことの
重要性

ブリッジは、両隣の健康な歯を削る必要があります。入れ歯は、支えとなる歯にバネをかけ、負担をかけてしまいます。インプラントには、「独立した歯が入る」「周囲の歯に負担をかけない」というメリットがありますが、これが、残っている歯を守り、将来に多くの歯を残すことにつながります。

ブリッジや入れ歯により、健康な歯に負担をかけると、その歯を失うリスクを高めることにつながります。補綴治療によって、さらに歯を失うリスクを高め、どんどん歯を失ってしまうこともあるのです。
インプラントにより、独立した歯を植立することは、残っている歯を守り、将来に歯を残します。

「噛む」ということは、ただ単に食事を楽しむためだけでなく、消化を助け消化器官の負担を軽減し、脳の働きを活性化します。表情筋を使うことによって、しわやたるみを防ぎ、はっきりとした発音も維持します。
将来の健康を守るため、将来を見据えた治療選択が大切でしょう。

将来の健康、
お口の中全体の
健康のために

明石・加古川・三宮の3院を展開していますアップル歯科クリニックは、歯が抜けた方や歯がもたない方に対して、治療が可能であるようであれば治療の選択肢にインプラントを含めています。しかし、患者様の顎の骨の状態や健康状態によってはお断りすることがあります。

例えば、重度の歯周病で歯はグラグラで、他の歯にも影響を及ぼしている場合は、患者様が抜きたくない場合でも、抜歯をご提案することがあります。もちろん、患者様の理解と納得を大切にしておりますので、勝手に抜くことはありません。
また、抜歯の必要がないのに「痛いから」という理由で抜歯を希望されたり、咬み合わせ上必要な歯の抜歯を希望されたりしても、お断りすることがあります。

患者様の希望を踏まえたうえで、部分の歯だけでなく、お口の中全体を考慮し、将来の健康につながるよう、最適な歯科治療をご提案いたします。