アップル歯科

インプラントとはご自身が受ける治療について、知ることが大切です

カウンセリング
ホームホームインプラントとは

インプラントとは
どんな治療法?

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、 人工の歯をその上に取り付ける治療法です。患者様の顎に埋め込むインプラントは、多くの場合チタン製で、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工歯も、患者様に合わせて1本ずつ作るので、咬み心地も外観も天然歯とほぼ変わりません。

インプラントとは

インプラント

インプラントとは、人の身体に埋め込まれ人口の部品・材料のことを言います。整形外科の骨折治療で用いられているボルトも、インプラントです。歯科診療で使用されているインプラントは、「デンタルインプラント」とも呼ばれていますが、近年は歯科インプラント治療が一般的になってきたため、単にインプラントと呼ばれています。

インプラントは、インプラント(人工歯根)・アバットメント・上部構造(人工歯)から構成されています。

  • インプラント

    顎の骨に埋め込む部分です。人工歯根とも言う通り、歯根の役割を果たします。一般的にチタンか、チタン合金で作られています。

  • アバットメント

    インプラントと上部構造(人工歯)を繋ぐ部分です。インプラントとアバットメントが一体化したワンピースタイプと、取り外しが可能なツーピースタイプがあります。チタンやチタン合金、ジルコニアなどを材質としています。

  • 上部構造

    アバットメントの上に取り付ける、人工の歯の部分です。使用する素材によって審美性や強度、費用などが異なります。

    透明度が高く、天然歯と見分けがつかないほどの審美性を回復できる「セラミック」、見た目の美しさと強度を兼ね備えた「ジルコニア」など、さまざまな素材があります。

インプラントにチタンが
使用されている理由

インプラント

インプラントの素材には、主にチタンやチタン合金が使用されています。チタンは、骨と強く結合するほか、生体親和性が高く、アレルギーが出にくい特徴を持っています。また、化学的に安定していることから、劣化しにくいという特徴もあります。

骨とチタンが結合し、一体化した状態のことを「オッセオインテグレーション」と言います。オッセオインテグレーションを獲得しやすくする(骨と結合しやすくする)ため、ネジ状の形状にしたり、表面に加工がなされていたり、さまざまな工夫がされています。

インプラント治療と
従来の治療法との比較

インプラント治療は、1本の歯を失ったケースでも、すべての歯を失ったケースでも適応となり、治療部位も問いません。インプラントの登場で、近年は治療の選択肢が広がりましたが、それぞれの治療法について理解して、治療法を選択することが大切です。

歯を一本失った場合

歯を1本失った時の治療法には、ブリッジ・入れ歯・インプラントがあります。

ブリッジ
ブリッジによる治療

歯を欠損した部分の両隣の歯を削って支えとし、橋を架けるように人工の歯を入れて欠損部分を回復する治療法です。連結した人口歯を固定しているので、装着時の違和感が少ないです。

入れ歯
入れ歯による治療

残った歯に「バネ(クラスプ)」をかけて安定させる入れ歯治療です。金属の止め具などに違和感を覚え、見た目も良くありません。使っているうちにズレが生じるため、硬いものが安心して食べられません。

インプラント
インプラントによる治療

健康な歯を削ることなく、天然歯との区別がつかない歯並びを再現できます。日本では特にここ20年ほど前から急激に増加している治療法で、インプラント治療は乳歯・永久歯に続く「第3の歯」とも呼ばれています。

全ての歯を失った場合

食事や会話において、歯は重要な役割を担っています。咀嚼し唾液の分泌を促進することで、口内が清潔に保たれ、健康の維持や増進に繋がります。歯を全て失ってしまった場合、QOL(クオリティオブライフ)が下がりかねません。
全ての歯を失った場合には、入れ歯とインプラントによる治療が可能です。(すべての歯を失っている場合、連続して多くの歯を失っている場合には、ブリッジによる治療はできません。)

入れ歯
入れ歯による治療

一般的な総入れ歯です。入れ歯の種類や個人差などにもよりますが、使用感や審美性、清掃性で悩みを抱えている方が多いです。ガタつきがあると安心して食事ができませんし、入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛みが生じることもあります。

オールオンフォー
インプラントを
使った治療法

インプラントで連結した歯を固定する「All-on-4(オールオンフォー)」という方法があります。インプラントで歯を固定するため、天然歯のような咀嚼能力を回復できます。違和感もほとんどありません。最小限のインプラントで多くの歯を取り戻せるため、治療による身体の負担や費用負担も軽減されます。