アップル歯科

即時荷重インプラント手術当日に仮歯が入る
治療法

即時荷重インプラント
ホームホーム即時荷重インプラント

その日から咬める
即時荷重インプラント

通常のインプラント治療は、手術を終えてから仮歯を入れるまでの数ヶ月間、インプラントが顎の骨に定着するための安静期間を置かなければいけません。インプラントは優れた治療法ですが、仮歯で過ごす期間の長さが最大の欠点として挙げられます。
しかし、即時荷重インプラントを利用すれば、手術当日から物を咬めるようになります。

即時荷重インプラントとは

「即時荷重インプラント」とは、インプラント埋入手術をしたその日に仮歯を入れる、新しい治療法です。顎の骨に埋めた人工歯根の上に仮歯を固定させるため、手術当日から物を咬めるようになりました。ただし、即時荷重インプラントという術式も万能ではなく、いくつか条件を満たさないと施術できないという弱点があります。

All-on-4

4~6本のインプラントですべての歯を支えるAll-on-4もこの即時荷重インプラントです。
All-on-4の場合、通常のインプラントに比べて、骨が定着しやすい場所に埋入できるので、比較的骨質に左右されません。

All-on-4について詳しく

抜歯後即時埋入とは

抜歯後即時埋入とは、即時荷重とは少し違い、なんらかの理由で抜歯が必要となった際に、抜歯した部分にそのままインプラントを埋入する方法です。

まず、何らかの原因で抜歯処置をし、抜歯した後にそのままインプラントを埋入して手術終わりです。通常のインプラント手術とは違い、抜歯後に待機期間を設けずに抜歯と人工歯根の埋入処置を同時に行うので、痛みや腫れが比較的少なく済み、治療期間も大幅に短くなります。

  • 抜歯
  • インプラント埋入
  • 人工歯装着

即時荷重インプラントには
条件がある

即時荷重インプラントは、埋入手術当日に物が咬めるようになる治療法です。しかし、どのような場合でも適応できるわけではなく、いくつか条件があります。

第一の条件は、顎の骨の状態が良いことです。骨量が十分にあり、骨造成が不要でないと即時荷重インプラントは出来ません。次に、埋入するインプラントは純チタン製で、表面が粗いものを用いることです。粗造加工したインプラントは、骨と結合しやすくなるため、即時荷重で使い始めても人工歯根が安定しやすくなるのです。
他にも、初期固定の良好さを左右する埋入トルク値やインプラント体の長さ等、条件があります。即時荷重インプラントを希望する際は、一度医師へご相談ください。