アップル歯科

超滅菌主義
衛生管理

ホームホーム超滅菌主義・衛生管理

アップル歯科の
衛生管理・滅菌

2014年に、歯科医院での医療機器の滅菌状況に関する統計結果が発表されました。驚くことに、約7割の歯科医院が歯を削るハンドピースという器具を、滅菌せずに使い回していることが明らかになりましたが、適切な滅菌・消毒を行わなければ、細菌感染を引き起こす可能性があります。

アップル歯科は、明石・加古川・三宮(神戸)の3院を展開していますが、各院で超滅菌主義を貫き、患者様を院内感染から守るため、徹底した衛生管理を行っています。医療人として、感染対策を行うのは当たり前のことだと考えておりますが、それ以上に患者様に安心して治療を受けていただきたい、その一心でスタッフ一同衛生管理を徹底して行っています。

すべてのスタッフが
衛生管理について
学んでいます

アップル歯科の衛生管理

通常、歯科医院の衛生管理はスタッフが洗浄から滅菌・消毒まで責任を持って行うのですが、当院では日常的な衛生管理・滅菌体制を徹底して実現するため、専属の消毒・滅菌スタッフを採用しています。また、実際に治療器具を使用する術者も含め、すべてのスタッフが、衛生管理の意味や必要性を知り、意識を高めることを目的として、定期的に滅菌や院内感染に関するセミナーを実施しています。
また、有識者により当院の設備や薬剤を用いて衛生管理の講義を受け、それをマニュアル化しています。

可能な限り
ディスポーザブル製品を
採用しています

医師が使用するグローブや手術着、患者様に使用いただくコップやエプロンなど、可能な限り使い捨てのもの(ディスポーザブル製品)を採用しています。
使い捨てできないものは、器具に応じて消毒・滅菌を徹底しています。また、ハンドピースやドリル、グローブなど、直接お口に触れるものは、患者様ごとに交換しています。特に、グローブは患者様1人の診療に対して、平均3回の交換を行っています。

洗浄・滅菌の流れ

当院は、衛生管理を徹底するため、「DACシステム」をという滅菌システムを導入しています。 滅菌基準である「クラスB規格」の機器を使用し、院内感染を阻止する滅菌対策に努めています。

  • 予備洗浄

    使用した器具は、滅菌や消毒の効果を高めるため、速やかに洗浄し付着物を取り除きます。
    あらかた汚れを落とした器具は、種類や汚れ度合いなどのカテゴリー別に分類し、通常の洗浄では汚れが落ちにくいものは超音波洗浄機で洗浄します。

    予備洗浄予備洗浄
  • 超音波洗浄

    超音波洗浄機を使って、汚れが落ちにくい器具を洗浄します。超音波により、1秒間に2,000回振動させ、目には見えないタンパク質汚れも浮かせて取り除きます。
    しっかり汚れが落ちたことを確認し、器具を乾燥させます。

    超音波洗浄超音波洗浄
  • 滅菌

    治療器具によって、滅菌方法(使用する滅菌器)は違います。デンタルミラーなど形状が単純な器具にはクラスNのオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を、コントラなどの複雑な形状の器具にはクラスBのオートクレーブを使用します。歯科診療には形状が複雑な治療器具が多くありますが、隅々まで滅菌できるよう治療器具により滅菌方法を変えています。

    滅菌滅菌
  • 滅菌保存

    滅菌が完了した器具は、滅菌バッグに入れて滅菌状態を維持したまま適切に保管します。

    滅菌保存滅菌保存

アップル歯科の衛生管理機器

当院は、衛生管理を徹底するために必要な設備・機器を揃え、よりよい治療環境をつくっています。

オートクレーブ

オートクレーブ

120度を超える高温で治療器具を滅菌します。従来の滅菌器とは異なり、滅菌に使用する水が循環(再利用)されるということはありません。

クラスBオートクレーブ

クラスBオートクレーブ

ヨーロッパ基準EN13060のクラスB規格のオートクレーブを導入しています。ハンドピースやバキュームチップなどの形状が複雑な器具も滅菌できます。内部を真空にして沸点を下げるので、滅菌を行いながらも器具をいたわることにもつながります。

ハンドピース洗浄・滅菌器

ハンドピース洗浄・滅菌器

ハンドピースとは、歯を削る器具であり、唾液や血液、歯の削りカスなどが付着するうえ、使い捨てにすることも難しいため、特に清潔にしなくてはなりません。

ハンドピースをはじめ、タービンやコントラなどの切削器具を洗浄・滅菌し、注油まで行える機器です。近年、ハンドピースの使い回しが問題となりましたが、当院は適切な滅菌処理を行っておりますので、ご安心ください。

ハンドピースメンテナンスシステム

ハンドピース
メンテナンスシステム

ハンドピースメンテナンスシステムは、ハンドピースの洗浄・注油を行う機器です。治療器具のコンディションを保つこともより良い歯科治療提供には大切です。

口腔外バキューム

口腔外バキューム

治療中、口腔内バキュームでお口の中の唾液、粉塵などを吸引しますが、取り切れず口腔外に漏れてしまった目には見えないほどの細かな粉塵を口腔外バキュームで吸引します。お口の中だけでなく、空気中に飛散した物質を吸引することも、効果的な感染予防につながります。

中性電解水生成装置

中性電解水生成装置

アップル歯科各院の水道管に設置している除菌装置は、水道水に含まれる塩化物イオンを電気分解し、殺菌力のある中性電解水を生成する中性電解水生成装置です。これにより、衛生的な給水環境のご提供が可能になります。

酸性電解水

酸性電解水

当院では、殺菌効果の高い電解水(酸性電解水)を治療器具の洗浄に使用しています。電解水の使用により、殺菌スピードが速く、短時間での処理が可能になります。
電解水は、人体に無害でありながら強い殺菌力があるため、風邪予防(うがい)にも活用されています。

空気清浄機

空気清浄機

診療室内の空気を清潔に保つため、空気清浄機を常に稼働させています。空気中の細かいチリやウイルス、アレルギーの原因物質などを取り除き、患者様が過ごしやすく清潔な空間になるよう心がけています。