骨が足りないと言われた方

骨再生誘導法

骨が足りない方(骨再生誘導法)

GBR

過去に「顎(あご)の骨が足りないからインプラントは出来ない」と言われた方はたくさんおられるようです。これはアゴの上には上顎洞という空洞があり、インプラントを埋入すると、骨を突き破って空洞に突き抜けてしまうからです。アップル歯科クリニックでは、そういう方の場合でも、骨を造成してインプラントを行う治療法を複数ご用意しています。

サイナスリフト

サイナスリフト

歯が生えていた部分の側面の歯ぐきから施術します。骨の厚みが少ないときや、多数の歯が欠損しているときに行います。上顎洞の粘膜が露出するので施術者の技術が必要です。

ソケットリフト

ソケットリフト

歯の生えていた部分から施術します。サイナスリフトと比較すると、傷口が小さいため処置時間が短くなり痛みや腫れもより少ないですが、複数歯の場合は適用されません。

骨が痩せている場合

GBR

歯周病や抜歯後放置してしまうと、顎の骨は痩せてしまいます。その場合は痩せた部分に人工の骨を盛り、人工の膜を被せて骨が出来るのを待ちます。

骨が薄い場合

スプリットクレスト

もともと歯を覆う骨が薄い場合、インプラントを埋入する幅が足りません。その場合は骨を真ん中で分割し、埋入スペースを作る方法をとります。



PRP

インプラント技術の進歩により、難症例も対応できるようになりました。 例えば上顎奥歯の部位で骨の高さが足りない場合は、造骨技術によりインプラントが可能になります。 これも、以前は御自分の顎骨や腸骨を採取したりしていましたが、現在は人工の骨補填材と御自分の 採血した血液から分離させた血小板を多く含んだ血漿(PRP)を混ぜることにより、造骨が可能になりました。 なぜ、PRPが創傷治癒のために用いられるのでしょうか。 活性化した血小板は創傷の治癒や骨の造生に関与する成長因子を分泌します。 欠損部に血小板を豊富にすることによって治癒期間の促進をはかることができます。