メスを使わいない手術

フラップレステクニック

フラップレステクニック(メスを使わず糸で縫う事もない手術法)

フラップレステクニック

通常インプラント手術はメスで歯肉を切開し、骨を露出した後、ドリルにて穴を開けてインプラントを埋入します。 しかしこのフラップレステクニックは、メスを使わずほんの小さな穴を開けて手術を行います。当院の術者側の感覚的には、歯肉のダメージを通常の1/10程度と考えています。もちろん歯肉を縫い合わすという作業もありません。 切ったり縫ったりしないため手術時間も大変短く術後の腫れや痛みも非常に少なくすみます。

フラップレステクニックは歯肉の上から骨を見ずに行われるものなので、術者には熟練が必要です。 経験の浅い術者が安易に行うことは事故のもとです。 このフラップレステクニックは誰にでも必ずできるわけではありませんが、 アップル歯科クリニックではフラップレス手術を行っており、多くの患者さんがこの手術を受けています。

STEP1

STEP1

治療前

STEP2

STEP2

歯肉パンチで、ハンコを押すようにして穴を開けます。

STEP3

STEP3

オステオプッシャーにより、やさしくゆっくり押し進み穴を開けます。

STEP4

STEP4

オステオプッシャーによって開いた穴。インプラントをゆっくり埋入。
これだけで手術は終わりです。(25分間)

STEP5

STEP5

2ヶ月後程度にはきれいな歯が入ります。