アップル歯科

症例集奥歯のインプラント
症例画像

インプラント症例画像
ホームホームインプラント症例奥歯のインプラント症例

奥歯インプラント症例

アップル歯科クリニック(明石・加古川・三宮)で行った、奥歯のインプラント症例をご紹介します。
当院は治療計画を立てる際、最も重視するのが奥歯です。患者様の中には「奥歯は前歯と違って、外から見えないからいい」という方も少なくありませんが、実は奥歯をしっかり治療することが大切です。奥歯は、家でいうと柱と同じ役割を果たしており、歯全体を支える機能があります。

「奥歯は見えないから入れ歯でも良い」は生活の質を下げかねません。「奥歯をしっかり治す」ことこそがQOL(クオリティオブライフ)を維持するのには大切で、インプラントは欠損補綴治療の中でも最も効果的です。当院では、何らかの理由で奥歯を欠損した場合にはインプラント治療をお薦めしています。

奥歯の審美的な
インプラント治療と
補綴治療

Y.M様

入れ歯が合わないため、インプラントを希望されてご来院しました。インプラントを希望される患者様の中には、歯が抜けた後、何の相談もないまま入れ歯になってしまい、その不自由さに耐えきれずご相談に訪れる方が一定数おられます。これは患者様が悪いわけではなく、歯の補綴治療やその選択肢についてきっちり伝えていない歯科医師側の問題であると思います。

入れ歯は異物感や咀嚼能力の低下は天然歯と比べると大きく、インプラントと比較しても使用感や審美性などが劣ります。インプラントよりも入れ歯の方が治療費は安価ですが、相談にいらした患者様の中には「本当は最初からインプラントにしたかった」という方もおりますので、歯が抜けた場合は安易に治療せず、まずはかかりつけ医とご相談いただくことが大切です。

奥歯の審美的なインプラント治療と補綴治療

Before

奥歯の審美的なインプラントと治療と補綴治療

After

奥歯のインプラント治療を希望したY.M様は、歯科医師とのカウンセリング内で、歯の欠損部分だけではなく、笑ったときに見える銀歯が気になるということをおっしゃったので、最終的にそれらも含めてインプラントと補綴により、白く美しい口腔内を目指しました。

「奥歯はどうせ見えないだろう」と考えておられる方も、カウンセリングを行うことで、徐々にその審美性や機能性を重視し始めることも少なくありません。歯に対する知識を「デンタルIQ」と言いますが、当院は患者様のデンタルIQを高めることで、どんなお口になりたいか、今後歯を守るためにどんなことが必要かを学んでいただき、考えるための初めの機会として、カウンセリングを実施しています。

お口の健康は身体全体の健康に繋がります。悪い咬み合わせによって頭痛や腰痛を引き起こすことがあるため、咬合に与える影響が大きい奥歯は、しっかり治療しなければいけません。「見えないから」「我慢できるから」ではなく、不具合が他にどのような影響を与えるかを理解したうえで治療の選択をしていただくべきだと考えています。 奥歯が抜けた場合のお悩みを、いつでもお気軽に相談してください。

義歯が苦手な方の
インプラント治療

F.K様

どうしても入れ歯が合わず、インプラント治療を希望された方の症例です。複数のインプラントが必要でしたが、予算の都合により計画を立てて、少しずつ治療していきました。他の治療法に比べて、インプラントはどうしても費用が高額であるという問題がありますが、車よりも長く頻繁に使うことを考えればインプラント治療をお薦めします。 また、義歯に違和感を覚えて、馴染む前に使用をやめてしまう方も少なくなく、仮に馴染んだとしても、顎の骨吸収により不具合が生じることがあり、もどかしさを感じてしまう方も多くいます。

当院は、「インプラント治療に興味はあるけど、費用が不安」という方々でも、歯を失った際の選択肢として「インプラント」を検討できるよう、支払い方法や回数、更には治療計画をコントロールすることで、無理なく治療していただけるよう、真摯に取り組んでいます。

義歯が苦手な方のインプラント治療

Before

義歯が苦手な方のインプラント治療

After

奥歯に歯片側2本ずつインプラントが埋入されています。治療計画によって、最終的なゴールまでの期間は伸びたものの、欠損部分は全てインプラントにより綺麗に治療が終わり、患者様のご友人にも口(歯)が綺麗だと褒められるそうです。

インプラントと言うと「お金がかかる」と諦めておられる方もいらっしゃいますが、ご自身のクオリティオブライフ(生活の質)を考えれば、費用だけで判断すべきではないでしょう。当院は、本当に後悔しない治療は何か迷っている方に関しても、カウンセリングや無料相談を行っていますので、よろしければ歯科医師のお話を聞いてから判断をくだしてみてはいかがでしょうか。