即時荷重インプラント

即時荷重インプラント

即時荷重インプラントとは

GBR

従来、インプラントは手術を終えてから仮歯を入れるまでの数ヶ月間、 インプラントが定着するための安静期間を置かなければいけません。 インプラントは優れた治療ですが、最大の欠点として挙げられたのがこの仮歯で過ごす期間の長さとも言えます。
しかし、インプラントをしたその日に 借り歯を入る「即時荷重インプラント」という新たな技術が登場し、仮歯は骨に埋め込んだインプラント体の上に固定させるため、手術当日からゆっくり噛むことができるようになったのです。
ただし、この即時荷重インプラントも万能ではありません。骨質が良質でないとできないという弱点もあります。

4~6本のインプラントに全ての歯を並べるAll-on-4もこの即時荷重インプラントです。All-on-4の場合、通常のインプラントに比べて、 骨が定着しやすい場所に埋入できるので、比較的骨質に左右されません。

抜歯後即時埋入

抜歯後即時埋入とは

抜歯後即時埋入とは、即時荷重とは少し違い、なんならの理由で抜歯が必要となった際に、 抜歯した部分にそのままインプラントを埋入する方法です。

何らかの原因で抜歯処置をします。

抜歯した後にそのままインプラントを埋入します。

通常の待機期間がないので短い期間で治療が完了します。

抜歯とインプラントの処置を同時に行うので、痛みも少なく、治療期間も大幅に短縮されます。 しかし、全てのケースに適応されるわけではなく、いくつかの条件がそろっていなければできません。