インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

初診から補綴まで

治療に入れば、通常歯が入るまでの通院回数は5回ですが、通常インプラント治療の前にクリーニングや歯周病治療を終らせておきます。 また、骨の状態によっては数回増える場合がありあます。 歯をインプラントに装着した後は、 その後は4ヶ月に1度の定期検診、クリーニングを行っていく予定です。

①術前検査

術前検査

アップル歯科クリニックでは、インプラント治療の前に様々な術前資料を採取し、綿密な治療計画を立てていきます。 【口腔内写真】【パノラマレントゲン】【セファログラム】【姿勢の写真】【10枚法レントゲン】【顔・口元の写真】【模型】【歯科用CT】はもちろん、 また、咬み合わせを考えた上で場合によってはアップル歯科クリニックでは、インプラント治療の前に様々な術前資料を採取し、綿密な治療計画を立てていきます。 【口腔内写真】【パノラマレントゲン】【セファログラム】【姿勢の写真】【10枚法レントゲン】【顔・口元の写真】【模型】【歯科用CT】はもちろん、 また、咬み合わせを考えた上で場合によっては【フェイスボーマウント】【顎関節パノラマ】などの資料も採取します。などの資料も採取します。

②インプラント手術

インプラント手術

手術は早い方なら30分(実際の施術時間は5~10分)で終るケースもありますし、複数歯の治療の方や骨の充填が必要な方は 半日以上かかる場合もあります。いずれも、入院の必要はありません。
また、手術の翌日に消毒にお越しいただくこともあります。

③抜歯・経過観察

抜歯・経過観察

手術後の縫合糸を抜きます。抜糸自体には痛みはあまりありません。
ただし、歯ぐきや骨の状態によっては、2次手術が必要な場合があります。

④被せる歯の型取り

被せる歯の型取り

インプラントの上に被せる歯の型を取ります。
咬み合わせを考えて歯を作っていきます。

⑤最終補綴

最終補綴

出来上がった歯をインプラントに被せて調節していきます。