歯が抜ける理由

歯が抜ける理由

歯の喪失は、年齢が高くなるほどその可能性は高まります。歯を失う原因としては、20代までは虫歯がその主な理由ですが、30代以降は圧倒的に歯周病がその割合を占めてきます。 虫歯の場合は、痛みがあるので、自覚症状が出た時点で歯医者に行けば、抜歯というケースは免れるかもしれません。ところが歯周病の場合は、自覚症状がほとんどないため、気付いた頃には歯は抜け落ちてしまうというケースがほとんどです。
しかし、虫歯にしても歯周病にしても、定期検診にさえ行っていれば、予防も治療も可能なのです。つまり、歯が抜ける一番の原因は「予防をしないこと」ともいえるのです。


むし歯の進行による抜歯

むし歯の進行

虫歯の場合、痛みや腫れなど、自覚症状があるため、早めに気付いて治療することができる。しかし、放っておいて虫歯が歯の根の方まで進行してしまうと、抜歯しないといけない原因となる。


歯周病の進行による抜歯

歯周病の進行

歯周病の場合は、自覚少々がないので気付きに憎い。しかしその症状は確実に進んで行き、歯の根元の力を奪っていき、気付が場歯が抜けていたとういうケースも珍しくはない。