ドクター紹介
医院紹介
設備紹介
アクセス・地図
インプラントの費用
簡単WEB予約
インプラントについて #
医療費控除について
明石インプラントセンター地図
診療時間
すべての歯を失った方へ
明石インプラントセンター > 手術時の麻酔について

インプラント治療時の鎮静法について

通今までの常識が変わります。医療は日進月歩です。
今の歯科診療では、かなり治療時の痛みが軽減できます。

どなたでも、歯医者さんは苦手ですよね。眠っている内に治療ができないものか、とか。 これは大人でも子供でも、替わりありません。

いつでもどこでも、とゆうわけにはまいりませんが、我が歯科医院では治療が苦手な患者さんのために、こんな事もやっています。


インプラント治療の時にご希望の方は、遠慮されずにおっしゃって下さい。

鎮静法の実際

お酒を飲んで、いい気持ちになったことはございますよね。歯科医院の場合はお酒をお出しするわけにはいきません。 でも、この「ほろ酔い」の状態を作り出して上げるわけです。


歯科麻酔医

歯科麻酔医 大下修弘

歯科麻酔医 大下修弘
所属:徳島大学病院 医学部麻酔科医員
資格:歯科医師免許
学会:日本歯科麻酔学会認定医
実績:全身麻酔・1500例、鎮静麻酔・500例以上
※頭頸部領域の手術の麻酔を得意とする


アップル歯科クリニックでは、患者様の希望や状態によって、オペの際に麻酔医を召集することがあります。 卓越した麻酔の知識を持った専門スタッフが加わるだけで、手術はより正確に、更に安全に行なうことができます。

静脈内(注射薬による)鎮静法

鎮静作用のある薬を血管内に入れます。 ただ、術後は車の運転などは控えていただきます。

オペ中の音や恐怖心がとても楽になります。寝ている間にオペが終わるような感じです。 軽い健忘作用もあるようで、処置中のことをあまり記憶されていない患者さんもいらっしゃいます。


このページのトップへ