下顎の前歯のインプラント治療

M.M様

珍しい下顎の前歯のインプラントです。大人になっても残っていた乳歯が抜けたためインプラントを希望されました。大人になっても乳歯が残っている人は実は少なくないのですが、怖いのがやはり抜けた後の治療です。乳歯が抜けない理由はいくつかありますが、問題はその下あるいは別の部位に永久歯があるかどうかが問題になってきます。永久歯がない「先天性欠損(欠如)」の場合、加療が好ましく、この場合インプラント・ブリッジ・義歯の選択肢となることが多いです。もし乳歯の下に永久歯があったり、別の部位に生えていた場合は矯正治療が必要な場合もあります。

  • before

    下顎の前歯のインプラント治療

  • after

    下顎の前歯のインプラント治療

もともと骨が薄く、インプラントの難易度としてはやや高めでしたが、細めのインプラントを埋入することで、しっかり治療することができました。 インプラント以外にも、前歯が黄色いと気にされておられたので、ホワイトニングとラミネートベニアで審美修復しています。
永久歯がないというデメリットも、インプラント治療によって大幅に改善されたと思います。もちろん、本人様の使用感にもよると思いますが、インプラント治療はこういった先天的に歯の数が足りない方にとっても、良い治療であると考えます。


タグ: , , ,
タグ: , , ,