明石・加古川・神戸のインプラント【明石インプラントセンター】TOP > 症例集 > 前歯のインプラント症例 > 重度の歯周病患者様の歯周病治療と前歯のインプラント

重度の歯周病患者様の歯周病治療と前歯のインプラント

T.H様

かなり長い期間、歯周病をわかってはいながらも放置しまわれておられたそうです。最終的に激しい痛みを感じるようになり、インプラント治療をを希望されてご来院されまました。インプラントは、埋入するだけではなく、歯周病治療で口腔内の環境を整えてから行うのがセオリーです。インプラントは外科出術を伴う治療ですが、口腔内の細菌やプラークのコントロールは、術前にしっかり行うことが後々埋入したインプラントや残った歯を長く保つために必要になってきます。

  • before

    重度の歯周病患者様の歯周病治療と前歯のインプラント

  • after

    重度の歯周病患者様の歯周病治療と前歯のインプラント

ここまで悪化した状態でも、患者様の歯周病治療に対する理解とご協力があれば、インプラントにより、ここまで修復が可能です。インプラントはむし歯になることはありません。しかし、天然歯と同じく歯周病(インプラント周囲炎)になることのある歯です。日常の歯ブラシやデンタルフロスなどのセルフケアも当然のことながら、インプラントの状態の確認も含めて歯科医院による「プロケア」も必要となってきます。今後は埋入したインプラントと併せて、残った歯を守るお口のパートナーとして末永くお口の健康をお手伝いしていければと思います。


タグ: , ,
タグ: , ,