交通事故で前歯がねじれてしまった患者様のインプラントによる治療

Y.Y様

かなり昔の事故によって捻転したらしいのですが、それが直接の原因というよりも、歯がねじれたことにより、 清掃性が悪くなったため、歯周病によって悪くなってしまい、歯がぐらついていました。残念ながら、保存は難しかったため、インプラントにより治療を行なうことになりました。
インプラントの治療時にキーポイントとなるのがこの歯周病で、歯周病を放置したままインプラント治療を行っても、インプラント周囲炎(インプラントの歯周病)になったり、周りのはも抜け落ちてしまうという最悪の結果にも繋がりません。歯周病を治療すること、また、今後歯周病を予防していくという意識を持っていただくことも、治療として必要になってきます。

before

交通事故で前歯がねじれてしまった患者様のインプラントによる治療

after

交通事故で前歯がねじれてしまった患者様のインプラントによる治療

結果、主訴の前歯だけでなく、全体の口腔内環境は以前よりはるかに改善しました。事故によって歯を失った方が、最後の砦としてインプラント治療を希望されるケースは少なくありません。また、こちらの患者様のように過去の事故が原因であった場合、例え被害者であっても後からは保険会社に請求することはできません。
もし事故などで歯の損傷・痛みを覚えた場合は、相手方の保険会社さんに相談した上で、なるべく早目に歯科医院にも相談しましょう。