歯根破折によって抜歯した患者様の前歯のインプラント

Y.I様

歯の根が折れる歯根破折という状態で、抜歯を余儀なくされた患者様です。当院に来られる患者様で、他院では「無理だったので」と来られることが多いのが前歯のインプラントです。前歯のインプラントは外側の骨の厚みが薄く、骨吸収のスピードも早いため難しいと言われています。

before

歯根破折によって抜歯した患者様の前歯のインプラント

after

歯根破折によって抜歯した患者様の前歯のインプラント

前歯のインプラントは骨が薄く、骨造成が必要なケースが多いのですが、こちらの患者様も骨造成後にインプラントを行っています。 左側の歯(画面右の歯)がインプラントで、右側は被せ物をやり替え、審美的には治療以前より大幅に回復しています。
歯根破折の場合、歯が残っているのに抜歯しなければならないという患者様にとっては中々受け入れ難い状態と言えます。
しかし、そのままにしておいても痛みが出たり、抜けてしまったりするので加療が必要になるのですが、この際、ブリッジ・入れ歯・インプラントの3種類の選択肢になります。前歯の入れ歯は特に女性の場合避けたいという方も多く、ブリッジは天然の歯を削るため歯科医としても本望ではありません。
インプラントという選択肢を選ぶには費用という壁があるかもしれませんが、多くの方が前歯は特に出来るのであればインプラント治療を希望されておられます。