事故で前歯を失われた方の審美・機能回復

M.M様

事故によって前歯1本を失われた患者様です。接客のあるお仕事をされているということで、審美的で滑舌に影響しないインプラント治療を希望されてご相談にお越しになられました。前歯のインプラントは中々出来るところが少なく、お困りになられていたようです。

before

事故で前歯を失われた方の審美・機能回復

after

事故で前歯を失われた方の審美・機能回復


before

事故で前歯を失われた方の審美・機能回復

after

事故で前歯を失われた方の審美・機能回復

事故の場合、歯ぐきや歯槽骨も損傷を受けたりする場合もありますが、幸い今回は歯肉の損傷も少なく、回復の見込みがありました。
数ヶ月でインプラントもしっかり骨とくっつき、キレイな被せ物が入りました。患者様自身も、どの歯が治療した歯なのか区別がつかないと驚いておられました。
事故によって天然歯を失ったことは残念でしたが、「元あった歯よりもキレイな歯が入った」とお喜び頂けたのは幸いでした。
最後には、ホワイトニングで全体的にキレイになり、とてもキレイな口元を手に入れることが出来ました。
インプラント治療は「欠損補綴」というように、欠損した部分を補う治療です。歯とは言え、自身の身体の一部を失うというのは非常に辛いことだと思います。
歯科におけるインプラントは、そういった意味において「機能」「審美性」の回復において、優れた治療であると改めて感じることが出来ました。
歯を失い、「見た目」や「食事」「お話」で悩んでおられる方がおられましたら、お気軽にご相談下さい。