奥歯の審美的なインプラントと治療と補綴治療

Y.M様

入れ歯が合わず、インプラントをご希望されて、ご来院されました。インプラントを希望される患者様の多くは、歯が抜け、何も相談がないまま入れ歯になってしまい、その不自由さに絶えきれずご相談に来られる方が一定数おられます。義歯(入れ歯)の場合、どうしても異物感や咀嚼力低下は天然歯に比べて劣るところが大きいとされています。治療された方の中には「最初から本当はインプラントにしたかった」という方もおられますので、歯が抜けた場合は安易に治療をせず、まずご相談頂くことが大切かと思います。

  • before

    奥歯の審美的なインプラントと治療と補綴治療

  • after

    奥歯の審美的なインプラントと治療と補綴治療

最終的には、欠損部分だけではなく、笑ったときに見える銀色の歯が気になるということでしたので、それらも含めインプラントと補綴により、白くキレイ口腔内を目指されました。「奥歯はどうせ見えないだろう」と考えておられる方も、カウンセリングを聞くことで徐々にその審美性や機能性を求められることも少なくありません。
これは患者様ご本人が悪いわけではなく、それをきっちり伝えられていない歯科医師側の問題であると思います。歯に対する知識を「デンタルIQ」などと称しますが、アップル歯科では患者様のデンタルIQを高めることで、「どんなお口になりたいか」、また、今後葉を守るためにどんな事が必要かを知って頂く機会としてもカウンセリングを実施しています。口は万病の始まりと言われるように、お口の健康は身体の健康につながります。特に奥歯は、しっかり治療しなければならない歯ですから「見えない」「我慢できる」ではなく、それがないことによってどうなるかをしっかり理解した上で治療の選択をして頂くべきだと考えています。
奥歯が抜けた場合のお悩み、いつでもお気軽にご相談下さい。