海外出身の患者様の英語対応によるAll-on-4治療

J.A様

海外から日本に来られ、生活をされている患者様です。日本語はほとんどわかりませんが、アップル歯科では複数のDRが英語対応が可能であることと、スタッフに関しても、iPadを使っての筆談形式でコミュニケーションをとれますので、治療をお任せいただけることになりました。
歯周病が進んでおり、ほとんどの歯を失っておられ、残った歯もグラグラで、インプラントによる治療を希望されておられました。全身的な疾患も伴っておりましたが、All-on-4は基本的に歯科麻酔医が同席していますので、事前の検査やヒアリングでリスクは回避することが出来ました。

  • before

    海外出身の患者様の英語対応によるAll-on-4治療

  • after

    海外出身の患者様の英語対応によるAll-on-4治療


海外から言葉も通じない国で歯科治療を行うのも不安であると推測されますが、今回のように、手術・インプラントとなると、更に不安は大きかったと思います。英語による対応とコミュニケーションの量と、治療期間や回数が短いAll-on-4は患者様にとってもメリットが大きかったと思います。
日本も国際化は間違いなく進んでおりますので、今後もこのような海外からの患者様に対応出来るよう治療技術はもちろんですが、語学力・コミュニケーション力もますます身につけてまいりたいと思います。